IEMONG

元銀行員。 FXで旅行してます。
デイトレード中心でたまにスキャルピング。
【好きなもの】→海・リゾート・東南アジア・沖縄・マグロ

MT5にも対応!【Titan FX】のトレード口座 種類・違いと選び方

TitanFX_口座種類_MT4/MT5Titan FX

スプレッドが狭く、約定もサクサクと滑りにくいTitan FX。

とても使いやすいので、これまでも評判は良かったわけですが、ついにTitan FXも2019年11月6日からMT5に対応となりました。

これで私のお気に入りブローカー5社のうち、iFOREXを除く全てでMT5に対応となります。

長らく不動の人気を誇っていたMT4ですが、MT5に対応するブローカーも増えてきており、そろそろ世代交代の波が来ているのかもしれません。

これを機に、MT5口座を開設してしまうのも良いんじゃないでしょうか。

当記事では、Titan FXのトレード口座の種類・違いと選び方についてわかりやすく説明します。

Titan FXの概要まとめはこの記事を

Titan FXの口座開設は4パターンから

Titan FXの口座方式は2種類で、STP方式の「STANDARD口座(以下スタンダード口座)」ECN方式の「BLADE口座(以下ブレード口座)」があります。

そして取引ツールも2種類、不動の人気を誇るMT4と、そして新たに対応開始となったMT5の2種類です。

よって、Titan FXでは口座方式と取引ツールがそれぞれ2種類存在するため、口座開設する際には合計4パターンから選ぶことになります。

Titan FXの公式サイトを参考にしてみてください。

Titan FX「スタンダード口座」と「ブレード口座」の比較・違いと選び方

まずは口座の種類からみていきましょう。

Titan FXの口座の種類はスタンダード口座とブレード口座の2種類で他社よりも比較的シンプル。

スタンダード口座はSTP方式であり、ブレード口座はECN方式であるという違いがあります。(STP方式・ECN方式についてはこちらの記事

両方を簡単にまとめるとこんな感じです。

 STANDARD口座
(スタンダード口座)
BLADE口座
(ブレード口座)
口座方式STPECN
平均スプレッド
(USDJPY)
1.2pips
(手数料無)
0.8pips
(手数料込)
最大レバレッジ500倍500倍
ZeroPoint
テクノロジー
最少入金額20000円20000円
最少取引量0.01ロット0.01ロット

「取引コスト」は上記の表では「平均スプレッド」で表しました。ECN方式の口座であるブレード口座では、[スプレッド+取引手数料]が「取引コスト」になります。

スタンダード口座・ブレード口座ともにTitan FXが誇る「Zero Pointテクノロジー」の適用を受け大幅なスプレッドが縮小・約定力が実現しています。

itan FX(タイタンFX)の最新テクノロジー、Zero Point(ゼロポイント)により、主要な金融機関において、従来、HFC(高頻度取引トレーダー)やクオンツのみ利用可能であった、ティア1インフラストラクチャーを、一般投資家の皆様にご提供することが可能となりました。

長年の経験と豊富な知識から生み出された、最先端の科学技術とITテクノロジーにより、Titan FXの最新テクノロジー、Zero Pointでは、よりゼロに近いスプレッド、レイテンシを実現しました。Zero Pointテクノロジーにより、TItan FXのお客様には、他の追随を許さない取引環境(プラットフォーム、約定スピード、リクイディティ、為替レート)でお取引頂くことが可能となりました。

Titan FX 新Zero Pointテクノロジー

Titan FXでスキャルピングならブレード口座

どちらの口座も 「Zero Pointテクノロジー」 の恩恵によって約定力が高く、サクサクと注文が通るのでストレスなく使用できます。

スタンダード口座も十分に優秀なのですが、「平均スプレッド」(=「」(=「取引コスト」)はどう考えてもブレード口座には及びません。

これは日本時間23時頃のスタンダード口座とブレード口座のリアルタイムスプレッドの比較です。

ECN方式であるブレード口座はこのスプレッドに取引手数料0.7pipsが加わるのですが、それを考慮してもブレード口座の方がどう考えても取引コストが低いことがわかります。

ブレード口座では、[スプレッド+取引手数料]で損益が計算されるので、多少ややこしいと感じられるかもしれません。

とはいえ、MT4やMT5が勝手に計算してくれるので大きな問題はないですし、特段の理由がなければ「ブレード口座」を選んでおけば間違いないでしょう。

スタンダード口座に向いている人は?
  • 取引コストに手数料を考慮するのが煩わしい。
  • デイトレードやスイングトレード中心で、あまり短期トレードはしない。
ブレード口座が向いている人は?
  • とにかく取引コストは減らしたい。
  • 短期トレードメイン・スキャルピングをがっつりしたい人。

Titan FXのMT4とMT5はどっちを選ぶべきか。

Titan FXでは2019年11月6日から待望のMT5口座の開設が可能になりました。

従来のMT4口座ももちろん用意されているので、どちらかを選ぶことになるわけですね。

基本的に、機能面でMT4の上位に来るのがMT5です。

ただMT5には、まだ豊富な外部インジケータやEA(自動売買プログラム)が揃っているとは言い難いです。

裁量トレードがメインで、外部インジケータやEAはほとんど使わない方はMT5口座を選べばいいと思います。MT5でも主要なインジケータなどは当然揃っているので、ほとんどの人は問題ないはずです。

どうしてもマニアックな外部インジケータやEAを使ってみたいという方はMT4で口座開設すれば良いでしょう。

もし、別の種類の口座を使いたくなれば、すぐに追加口座開設もできます。

結局、Titan FXの口座はどれを開設すべき?

Titan FX」のおすすめ口座をまとめると、

裁量トレーダー」であれば「ブレード口座」×「MT5」がおすすめです。

多くの外部インジケータやEAを使う」なら「ブレード口座」×「MT4」がおすすめです。

徐々にですが、MT5の普及は進んできています。

口座開設や取引でのボーナスはないですが、業界最狭級のスプレッド・約定力に定評があるTitan FXでまずはMT5を体験してみるのもいいかもしれません。

公式サイトはとてもシンプルなので、戸惑うことなくスタートできると思いますし、使い勝手も良好です。

\スキャルピングのメイン口座におすすめ/

詳しい口座開設方法はこちらの記事を。(「Titan FXの新規登録・口座開設は4ステップで完了!」)