IEMONG

元銀行員。 FXで旅行してます。
デイトレード中心でたまにスキャルピング。
【好きなもの】→海・リゾート・東南アジア・沖縄・マグロ

パフォスのピラモスホテルは(駐車場あり)観光に便利|夕食は近くのレストラン『Argo』で。

ピラモスホテル弾丸トラベラー
このブログでは、記事内の一部に広告が含まれています。また、日本国内居住者を対象として、海外FXや特定の投資商品への勧誘や推奨を行うものではありません。

パフォスではピラモスホテルに宿泊しました。

便利な場所にある超シンプルなホテルです。

夕食は近くの地元レストラン『Argo』で。

ピラモスホテルは考古学博物館まで徒歩圏内

ピラモスホテル-正面

パフォスでは、翌朝から考古学博物館の見学を予定していました。

あわよくば、チェックアウトまでの間に見学に行ってもいいかなと。

そのため、考古学博物館まで歩いていける距離の ピラモスホテル に決定。(結局車で行きましたが。)

アクセス

パフォス考古学博物館やパフォス城、海までも歩いていける便利な場所。

博物館のエントランスまで、徒歩10分ちょっと。

散歩にちょうど良い距離です。

駐車場

駐車場が少しやっかい。

ピラモスホテル-駐車場入口

ちゃんと停める場所はある(5〜6台くらい?)んですが、奥まった場所にあって道路から駐車場までの入り口が狭い!

ピラモスホテル-駐車場

また、一旦中に入ってしまうと、すでに止まっている車がある場合、方向転換が困難かもしれません。

コンパクトカーサイズなら問題ないと思いますが、大きな車では避けた方が無難。

狭い場所での駐車に慣れていない方も気をつけた方がいいです。

部屋の設備

ピラモスホテル-Wi-Fi

チェックインして部屋に入ります。

ピラモスホテル-部屋

室内はウッディな雰囲気で床もフローリングです。

ピラモスホテル-室内

綺麗にリノベーションされているようでした。

ピラモスホテル-金庫
ピラモスホテル-トイレ
ピラモスホテル-シャワー

部屋の設備としては、セーフティボックスあり、タオルあり、洗面台のソープあり、以上!

ボトルウォーターのサービスやティッシュもありません。

ドライヤーはフロントで貸してもらえます。

ピラモスホテル-ベランダ

小さなベランダがあり、ここに灰皿が設置されています。

朝食の場所

ホテルの1階には併設されているバー(orレストラン?)のスペースがあり、朝はここが朝食会場になります。

朝食時間

午前7:30から 午前9:30まで

ピラモスホテル-ハム-チーズ

ハム・チーズ・ヨーグルトなど。

ピラモスホテル-朝食-ドリンク
ピラモスホテル-朝食-パン

パンやシリアル。

ピラモスホテル-朝食

朝食メニューもとてもシンプルです。

感想とメリット・デメリット

超シンプルなホテルで色々と無いものがあるので、人によっては不便に感じるかもしれません。

でも多くを望まなければ十分。

部屋は綺麗ですしスタッフさんもフレンドリーで、私は満足できました。

良かったこと
  • 安めのお値段。
  • 部屋が綺麗。
  • すぐ近くに複数のレストランがある。
  • 便利な場所にある(パフォス考古学博物館・パフォス城まで徒歩圏内)。
注意すること
  • 道路から駐車場まで入るまで狭く、注意が必要。
  • 駐車場の中も狭い。
  • エレベーターが無い。
  • ティッシュ、シャンプーなども無い。
  • ドライヤーはフロントで借りる。
  • バスタブ必須の方なら対象外。

夕食はレストラン『Argo』で

夕食には、地元っぽい良い場所は無いかとGoogleマップで近くのレストランを探します。

レストラン-Argo

見つけたのがレストラン『 Argo 』です。

アクセス

ピラモスホテルからは徒歩1分。

お酒を飲みすぎても大丈夫。多分!

キプロス料理

夜8時過ぎに行きましたが、店内はすでに賑わっています。

レストラン-Argo-店内

恐らく地元の方ばかりかと。

隅っこの席が空いていたので座らせてもらいました。

レストラン-Argo-KEO

まずはキプロスのビール「KEO」をいただきます。

海外のビールにありがちな個性は強すぎず、すっと飲める美味しいビールです。

レストラン-Argo-サラダ

これはサラダ、「シーフード・カクテル」だったと思います。

小さなエビが入ったサラダ。

ドレッシングは多目。普通に美味いです。

レストラン-Argo-スープ

本日のスープは、「ベジタブルスープ」を選択。

香味野菜の香り・風味が効いていて、美味しくて完食。

レストラン-Argo-カラマリ

『Argo』では、「カラマリ」はこのように提供されます。

イカの胴体と足の部分がカリカリのフライに。

付け合わせにポテト(チップス)とサラダを選択。

サラダにはパクチーが入っていますが、多すぎず程よい風味。イカは普通に美味い。

美味しいんですが、見ての通り量が多い…。ポテトにはほとんど手がつけられませんでした。

コスパが良い地元レストラン

会計はクレジットカードで済ませてホテルに帰ります。

ちょっとびっくりしたのが、家族で来られていた地元の方に「バイバイ。おやすみー」と言われたこと。

それまで何の絡みもなく静かに食事をしていただけなのに。

ここに限らず、キプロスの人ってとってもフレンドリーで親切です。

レストラン『 Argo 』についてですが、食事の味は素朴で美味しいし、個人的にはローカルな雰囲気がとても良かったです。

キプロスは他のヨーロッパと比べて物価も安く(日本くらい?)、Argoでもこれだけ食べて(KEOビール2杯込み)29ユーロでした。

高級レストランではないですが、地元感があるレストランでコスパもとても良いので、 ピラモスホテル にお泊まりの際は夕食にぜひどうぞ。

to-be-continued
アテネ&キプロスFXの旅まとめ