IEMONG

元銀行員。 FXで旅行してます。
デイトレード中心でたまにスキャルピング。
【好きなもの】→海・リゾート・東南アジア・沖縄・マグロ

バスでアテネ国際空港からシンタグマ広場まで|乗車場所と方法まとめ

アテネ空港とシンタグマ広場-バスの乗り方アイキャッチ弾丸トラベラー

アテネでの滞在は8時間。

しかもキプロスへのフライト時間を考慮すると、実質6時間で空港に戻ってこなければならないということに。

スーツケースを預け身軽になると、早速シンタグマ広場までのバス乗り場へ移動しました。

アテネの交通局は、空港発着のバスを4路線運行。

運賃は6ユーロとお手頃、24時間運行なのもありがたいですね。

運行本数が比較的多く、アテネの中心であるシンタグマ広場まで直行できるのはメリットで、鉄道よりも使い勝手は良いと思います。

空港のバス乗り場

アテネ国際空港に到着し、荷物を受け取ったら1階のコンコースに出てきます。

アテネ空港1階コンコース出口付近
アテネ空港1階コンコース出口付近案内

コンコースからは、最寄りの出口から外に出てみましょう。

アテネ空港1階出口

下の画像の案内にあるように、「Public Buses」を目指して歩いて行きます。(出口を出たら右方向へ)

アテネ空港バス案内表示

こんな感じの歩道が続きます。

アテネ空港バス乗り場までの歩道

バス乗り場に着きました。

空港に発着する路線のバス停が並んでいます。

アテネ空港バス乗り場

例えば、ここだと『X96 ピレウス港』行きのバス停ですね。

アテネ空港バス乗り場-バス停

どのバスに乗る?

私が乗ったのは、「X95 シンタグマ広場行き」のバスです。

行き先4路線
  • X93 リオシオン・ターミナル経由キフィスウ・ターミナル行き
  • X95 シンタグマ広場行き
  • X96 ピレウス港行き
  • X97 エリニコ駅行き

バス乗り場には、バス発車案内モニターもあります。

発車時間の目安を確認することができます。

アテネ空港バス出発案内

私が乗ったバスはこちら。『X95』と表示されています。

アテネ空港-シンタグマ広場行バス

チケットを購入

アテネの交通について、このサイトが詳しかったです。ただしギリシャ語か英語。

Athens Transport Tickets and Cards
Athens Transport in English| How to get to the airport and the port of Athens | 20 places to visit in Athens and how to get there | 2021 coronavirus (COVID-19) ...

バスも鉄道も共通で、現在は非接触式(タッチして乗車)の乗車券となっています。

チケットは、紙のチケット、記名式のカードタイプチケット、無記名式のカードタイプチケットがあるようですが、旅行者はあまり気にしなくていいんじゃないかな。

バス乗り場に、このようなチケット売り場があります。

旅行者はここで必要なチケットを購入すればいいでしょう。

私はここで「シンタグマに行きたい」と言って、6ユーロで紙のチケットをもらいました。

アテネ空港-バスチケット売り場

目的地や使用頻度、滞在日数でお得なチケットもあるようです。

紙のチケットですが、中がうっすらと透けて見えるように、チップが入っています。

アテネ空港-バス-athenaticket

この紙のチケットにTOP UP(チャージ)もできます。

また、乗車の時は、このチケットを端末にタッチします。

乗車方法

バスに乗ったところ。

出入り口付近には、下の写真のように端末が設置されています。

以前は紙の切符を刻印機に通す方法だったみたいですが、現在は非接触式のチケットに変更。

アテネ空港-バス-車内端末

乗車の時は、この端末にチケットをタッチしておきます。

アテネ空港-バス-車内端末にタッチ

帰路ですが、シンタグマ広場からバスに乗車した際、係の方にチケットの確認をされました。

乗車したら忘れずタッチしておくようにしましょう。

シンタグマ広場のバス乗場と乗車時間

無事シンタグマ広場に到着しました。

13:07に空港から乗って、13:10に到着。

到着場所は地図のとおり。

シンタグマ広場-バス乗り場

帰りの乗車場所も同じで、チケット売り場もあります。

帰りは16:56に発車、17:57に空港に到着。

行き帰りとも、1時間と少しはかかると見ておけばいいかな。中心地は交通量も多いので、渋滞を考慮して早めに行動すべきだと思います。

シンタグマ広場-チケット売り場

実際に乗ってみて気づいたこと。

普通の路線バスなので、日本の高速バスみたいな車体ではありません。

  • 路線バスなのでいくつかバス停にも止まります。
  • シートは硬く、板に布を張っている感じ。
  • 荷物は車内に持ち込むので、大きな荷物が有れば少し苦労するかも。

バスを使うのに全然難しくないし、油断してはいけないけど、危ない感じもない。

外の景色を眺めながら移動できるし、次に来た時にも使うのはアリだなと思いました。

to-be-continued
アテネ&キプロスFXの旅まとめ