IEMONG

元銀行員。 FXで旅行してます。
デイトレード中心でたまにスキャルピング。
【好きなもの】→海・リゾート・東南アジア・沖縄・マグロ

【必須です】FXGTのおすすめ入金方法|手数料・最低金額・即時反映

FXGT_入金方法まとめFXGT
このブログでは、記事内の一部に広告が含まれています。また、情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品への勧誘及び海外FXの利用を推奨するものではありません。

初めてFXGTを使う方にとって、口座への入金方法は気になるところですよね。

どんな方法があるのか、どんな方法が簡単なのかはしっかり理解しておきたいところ。

FXGTでは、他の海外FX業者と比較して豊富な入金方法が用意されており、結論から言うと、オススメの入金方法はbitwallet(ビットウォレット)ですが、その理由を解説します。

この記事を読むとわかること

理解必須のFXGT入金ルール

入金ルール・条件の基本

FXGTの入金手段は複数用意されていて、他の業者と比較しても結構充実してます。

  • クレジットカード
  • 仮想通貨(暗号通貨)
  • オンラインウォレット
  • 銀行送金

入金と出金のラインナップは基本的に同じですが、海外FXの入出金はセットで考えておくのがコツ。

それぞれの詳細はあとで触れますが、まずは基本的な入金ルールを理解しておきましょう。

お金の出し入れはeWALLETから

FXGTでは、入金・出金ともに、マイページにあるeWALLETから行います。

MT5の口座へ直接入出金ができるわけではなく、MT5口座への入金をするときは、まずeWALLETに入金してからMT5口座に資金移動を、出金はその逆の手順です。

入金は必ず本人名義で

いずれの入金方法についても、必ず本人名義である必要があります。

家族や他人名義での入金は規約違反となり、口座凍結や出金不能になってしまう恐れがあります。

入金手数料はかかる?

FXGT側では、一切手数料はかかりません。

ただし、入金元のサービス側で手数料などがかかってくる場合があります。(振込手数料など)

FXGTの入金方法一覧

ここから、それぞれの入金方法の詳細を説明します。

まずFXGTのマイページにログインして、画面右上の「入金」ボタンをクリックします。

クレジットカード

クレジットカードでの出金は、5つの国際ブランドに対応しており、かなり充実しています。

他の海外FX業者だと、大抵1~2ブランドくらいですよね。

クレジットカードの入金は、出金と合わせてよく理解しておく必要があります。

他の業者も同じですが、クレジットカードでの出金は、クレジットカードでの入金額と同額までというルールがありますのでご注意ください。(クレジットカードのショッピング枠のキャンセル範囲内で処理をするため)

例:クレジットカードで50万円を入金し、トレードで20万円の利益がでたときに全額出金をする場合、現在の合計70万円のうち50万円必ず同じクレジットカードから出金申請をする必要があります。

クレジットカード入金 その他の注意点

合計で1日3回・週に5回・月に15回まで入金ができます。

また、カードの表裏両面の画像をマイページから送信する必要があります。

認証がされないと、今後入出金制限等が課される可能性があります。

カードの表面は、下4桁のカード番号だけを残して、他の番号は隠してください。カードの裏面は、セキュリティコードと凹凸から判明するカード番号の箇所を隠して撮影する必要があります。

ブランド対応通貨最低入金額入金反映時間
MasterEUR
USD
JPY
50ユーロ
50ドル
5,000円
即時
JCBEUR
USD
JPY
10ユーロ
10ドル
1,000円
即時
VISAJPY5,000円即時
Diners ClubJPY5,000円即時
American ExpressJPY5,000円即時

※マスターカードの入金上限額は、1回あたり10万円まで。

(念のため、最新の対応状況をFXGT公式サイトで確認をしておいてください。)

暗号通貨(仮想通貨)

「Bitcoin(ビットコイン)」と「Ethereum(イーサリアム)」・「Ripple(リップル)」・「Cardano(エイダコイン)」に加え、2種類のテザーでの入金に対応しています。

入金情報がFXGTに届いてからの資金反映時間は早いですが、入金元からFXGTに入金データが届くまでのブロックチェーンネットワーク混雑状況等によっては、それなりに時間を要する可能性があります。

銘柄通貨最低入金額入金反映時間
BitcoinBTC0.00011~30分
EthereumETH0.051~30分
RippleXRP251~30分
CardanoADA0.00011~30分
TetherUSDT
(OMNI)
251~30分
TetherUSDT
(ERC20)
251~30分

(念のため、最新の対応状況をFXGT公式サイトで確認をしておいてください。)

オンラインウォレット

オンラインウォレットでの入金は、FXGTでは「bitwallet(ビットウォレット)」と「STICPAY(スティックペイ)」に対応しています。

bitwallet・STICKPAYとFXGTに登録のメールアドレスが一致する必要がありますのでご注意ください。(メールアドレスの追加・認証は、設定画面から手続き可能)

FXGTからの出金についても別の記事でまとめていますが、bitwalletからの出金は他の方法と比べてとても便利でお得です。

入金と出金をセットで考えた場合、ぜひbitwalletのアカウントを開設しておくことをおススメします。

※bitwallet・STICKPAYによる入金後、必ずそれぞれ(bitwallet・STICKPAY)のログイン後アカウント画面のスクショを撮って、FXGTのマイページからアップロードする必要があります。

通貨最低入金額入金反映時間
bitwalletEUR
USD
JPY
10ユーロ
10ドル
1,000円
即時
STICKPAYEUR
USD
JPY
10ユーロ
10ドル
1,000円
即時

(念のため、最新の対応状況をFXGT公式サイトで確認をしておいてください。)

銀行送金・振込

FXGTでは銀行送金・振込へも対応していますが、他の方法よりも最低出金額も10,000円からと高く、銀行側の振込手数料がかかってしまいます。

出金時のことを考えると手続きも大変になるので、積極的に振り込みによる入金をする必要はないかなと思います。

ちなみに、銀行送金(オンラインペイメント)と銀行振込(通常の振込)ともに、入金画面に表示された国内の銀行口座に手続きを取ることになります。

※銀行送金(即時反映)の最大入金額は1回あたり50万円まで。
※銀行振込の最大入金額は1回あたり500万円まで。

(念のため、最新の対応状況をFXGT公式サイトで確認をしておいてください。)

まとめ 迷ったらbitwallet

海外FXでは、あらかじめ入金と出金をセットで考えておくとスムーズです。

クレジットカードでの入金は一番簡単ですが、せっかく利益が出ても「入金額と同額はクレジットカードから出金」して、利益額は別の方法で出金しなくてはいけません。

銀行送金(振込)での出金は面倒なので、それなら入金も出金も簡単なbitwallet(ビットウォレット)で入出金するのが間違いないです。

bitwalletを採用している海外FX業者も多いため、入出金を共通化することで管理が格段に楽になります。

普段から暗号通貨(仮想通貨)に触れている方はそれでも良いと思いますが、暗号通貨に馴染みのない方にとってはハードルが高いかもしれません。

出金方法について、詳しくは別記事にまとめていますのでご覧ください。

入金と出金を理解できたら問題なくFXGTを使うことができますので、まずは試しにアカウント開設してみると良いと思います。

その他よくある質問は、FXGTのFAQ「入金・出金について」に掲載されていますので確認してみてください。